脳ドック料金の情報。脳ドックの検診、診療、コースの費用

〜MRI検査では、造影剤を使わずに脳血管撮影が可能です〜
脳ドック

TBS「怪傑ドクター」やテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で紹介された評判の病院はこちらをクリック

脳ドック検査は日帰りと宿泊どっち?

脳ドック検査には、日帰りと宿泊の各コースを設定している病院やクリニックが多くあります。この2つのコースは受診者にとってどちらがどういいのでしょうか?


ではまず、検査の面から考えてみましょう。検査内容としては、忙しい人のための日帰りドックから、じっくり健康状態をチェックしたい人のための宿泊ドックがあり、宿泊ドックは検査内容が充実しているのがウリ。念入りに検査をしたい方には宿泊ドックをおすすめしたいところですが、脳ドックに限っての話になると、必ずしもそうとは言えません


というのも多くの病院やクリニックの脳ドックのコースを調べてみると、人間ドック+脳ドック、あるいは脳ドックのみの場合であっても、日帰りコースと宿泊コースを比較してみると、宿泊コースの脳検査に関する内容が充実しているとは言いがたいからです。多くは通常の健康診断や、人間ドックの検査項目のほうが充実しているように見られます。


次に、脳ドックの料金の面ではどうなのでしょうか?これについては宿泊コースとなると、

宿泊代はもちろん食事の費用もかかるわけですから、日帰りドックより費用が高くなるのは当然のことなわけで・・・。よって、検査内容・時間・脳ドック検査料金などの観点から考えると、次のことが言えるようです。


1)「忙しい」「とりあえず脳ドックだけでよい」「今回は費用を抑えたい」などお考えの方には『日帰りドック』


2)「人間ドックと脳ドックを一緒に受診したい」「検査内容を充実させたい」「時間の余裕がある」「費用をかけてでもしっかり検査したい」と思う方には『宿泊ドック』


詳しくは脳ドックの検査内容や料金について、近隣の受診ができそうな病院やクリニックに問い合わせてみてください。

ヨネスケさん、ルー大柴さん、阿藤快さん、島田洋七さん、池乃めだかさん・・・・・
有名人・著名人が検査に訪れる脳ドック&人間ドック専門医院です

脳ドックなら金内メディカルクリニック