脳ドック料金の情報。脳ドックの検診、診療、コースの費用

〜MRI検査では、造影剤を使わずに脳血管撮影が可能です〜
脳ドック

TBS「怪傑ドクター」やテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で紹介された評判の病院はこちらをクリック

脳ドックで見つかる病気は?

脳ドックとは、全身の総合的な健康診断を行う人間ドックと違い、脳の健康状態を詳しく調べる脳専門の検査です。脳ドックで発見される病気としては、脳卒中、脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤などがあります


脳卒中は、脳の血管がやぶける「脳出血」、脳の血管がつまってしまう「脳梗塞」などにより、急に手足がしびれたり麻痺する、あるいは意識障害などの症状が出た状態のことをいいます。もともと脳血管の問題のうち急激に起こったものをいいますが、中には知らないうちに徐々に進行するものや、段階的に進行するものもあります。


現在、脳卒中は脳疾患の中で最も多い病気です。早期発見後、治療により一命をとりとめても、麻痺や意識障害など重大な後遺症を残すことが見られ、介護が必要となることも多い病気です。脳卒中の最大の原因は高血圧、つまり生活習慣が原因によるものです。ですから血圧に気を配ることが最も重要ですし、たばこ・アルコール・高カロリーな食事に気をつけることも必要です。


実際、世の中の健康志向によりこうした脳の病気に関する情報が普及し、脳出血は減少の傾向にあるようですが、脳梗塞や脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血は減らないどころかやや増加傾向にあるようです。生活習慣の改善では限界があるのでしょうか・・・。


脳梗塞やクモ膜下出血といった生活習慣の改善では見落としがちな病気の予防や早期発見のためにも、また、脳ドックの受診料金と脳疾患の治療費用、その後の家族による介護のことを考えても脳ドックの受診はおすすめです。

ヨネスケさん、ルー大柴さん、阿藤快さん、島田洋七さん、池乃めだかさん・・・・・
有名人・著名人が検査に訪れる脳ドック&人間ドック専門医院です

脳ドックなら金内メディカルクリニック