脳ドック料金の情報。脳ドックの検診、診療、コースの費用

〜MRI検査では、造影剤を使わずに脳血管撮影が可能です〜
脳ドック

TBS「怪傑ドクター」やテレビ東京「主治医が見つかる診療所」で紹介された評判の病院はこちらをクリック

脳ドックで病気が見つかったら?

脳ドックの検査結果を専門医が診断し、もし異常が発見された場合は、受診した病院やクリニックで今後の適切な治療法について指導を受けることができます。もちろん脳ドックの検査費用に指導の料金も含まれています。


たとえば脳ドックを受診して、まだ症状らしい症状が見られない、無症候性脳梗塞が見つかった場合は、危険因子を調べて治療すれば予防は十分可能です。


一般には高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患、タバコなどが危険因子と言われますが、専門の医者が画像の説明の際に、より具体的な生活指導を行います。動脈硬化が進行しているような場合は、脳梗塞の予防として血栓を出来にくくする薬を処方されるようです。


また、頚・脳の主要動脈に明らかに異常が発見された場合には、血管を拡げる、バイパスを作るなど、適切な処置を取ることで脳梗塞の予防が可能ですし、脳動脈瘤が見つかった場合には、破裂の危険性高と考えられる動脈瘤を治療することで、くも膜下出血は確実に予防できます。


認知症と見られる症状が見つかった場合には脳神経外科ではなく、物忘れ外来などといった専門外来を紹介されるでしょう。


ろれつが回らない、しびれなどのような症状が出てくるようであれば、脳神経外科など専門の医師の受診することをおすすめします。


健康診断や人間ドックの際に併せて、脳ドックも定期的に受診されてみてはいかがでしょうか?

ヨネスケさん、ルー大柴さん、阿藤快さん、島田洋七さん、池乃めだかさん・・・・・
有名人・著名人が検査に訪れる脳ドック&人間ドック専門医院です

脳ドックなら金内メディカルクリニック